携帯でYahoo!ニュースをよく見てるのだが、とにかく目につく。例の会見が盛大な「失敗」に終わったあの人の記事。そう「渡部○」!うっとしい。興味ないけど、ついつい読んでしまうじゃないか。するとまぁ、すごい。こんなにも「化けの皮」を剥がされた芸能人がかつていただろうか?
最も興味深かったのは記事そのものではなく、「コメント」である。世の中の人がこんなにも「」を読むようになったのかと感心した。気になった「コメント」を引用しつつ、同時に最近はまってる漫画の一つ「JKハルは異世界で娼婦になった」を当事者たる「渡○建」さんにオススメしていきたい。

1:「男」の思い上がりと勘違い

 

まずは以前、当サイト「おすすめ大人の異世界漫画」で紹介した「JKハル」の概要を引用させてもらう。

掲載誌 ututu(web配信コミック
作者 原作/平鳥コウ(ひらとりこう)作画/山田J太やまだ j た)
期間・完結 2019年6月〜連載中/既刊3
前作品・他作品 作画/山田J太……「あさっての方向」(全5巻・2006年アニメ化)
エコエコアザラREBORN」チャンピオンREDで連載中〜既刊1巻
PV(youtube) 【公式】ututu
https://https://kuragebunch.com/series/ututu
ututuとは? 傷つく者こそ強くなるを合言葉に売春、不倫、虐待、家族、男女など重いテーマを題材にしたwebマンガの新レーベル
娼婦について 性的サービス業に従事する女性。売春婦と呼称したりもするが日本は「売春防止法」(1956年)によりその存在自体が違法。オランダのように国が認めたセックスワーカー「公娼」も世界には存在する。古くは「遊女」現代なら「風俗嬢」が一般的な呼び名。2019年で全国に登録されたソープ店は1222店舗あり、その営業はグレーゾーン。「売春」のための場所を提供するのは違法のため、個室内のサービスはあくまで「女性の裁量」に任せている、という体(てい)で営業している。いわく、個室で出会った男女が盛り上がってその流れで〜らしい。バカじゃないのか?
言葉 「時には娼婦のように淫らな女になりな」─なかにし礼(1978年)

 

1行あらすじ:
女子高校生・小山ハルは日本から異世界に転移、居酒兼「娼館」で働くことに。

 

ここがポイント:

JK×異世界×娼婦=これが私の生きる道!女子高校生の「小山ハル」はある日トラックに轢かれ亡くなった。と思いきや異世界に同級生の「千葉セイジ」と共に転移……。異世界お決まりのチート能力はもらって無いし、保護してくれる優しい人格者もいない。生きていくためには稼がなければいけない。手っ取り早くできることといえば……。

 

小山ハル──とある事情で男性経験豊富な「女子高生」。異世界はよくわからないし、チート能力ももらっていない彼女にとってこの世界はかなり過酷。仕方なく酒場兼娼館で働き始めるが元いた世界の自分とのギャップに泣きそう。だからこそ、「明るく振る舞い」自分を奮い立たせている。異世界の男尊女卑はびこる常識にウンザリしている。

 

 

 

 

千葉セイジ──ハルと一緒に異世界転移してきた「同級生」。スクールカースト的にはてっぺんと底辺の関係だったらしいがその時からハルに好意を持っていた様子。ハル目線で描かれる千葉の、痛々しく思い上がった勘違い野郎ぶりは、全男性諸君に我が身を振り直させる絶好の機会になるだろう。本人はチート能力をもらい異世界を満喫している。

 

さて、なぜこの漫画を「○部建」さんにおすすめするのか、薄々感づいてる方もいらっしゃるかと思うが、声を大に、はっきり言わせてもらおう。渡部○、あなたは「女性」や「世の中」を舐めすぎている。いつか痛い目を見るよ、と言いたいけどもうなってるか……。)

 

以下は複数のYahoo!記事のコメントを抜粋したものだ。前後の文章を載せてないので正確な意図は伝わらないが、この一言が言いたかったんだろうというものを切り取っている。

女性を粗略(そりゃく)に扱う男に怒りが湧いてくる

Yahoo!ニュースより

昔のスタンダード。女性を自分の好きなように扱っても許されると思っている

Yahoo!ニュースより
「JKハル」の舞台である異世界では男尊女卑レベルが「中世」時代である。特に「娼館」で働くセックスワーカーともなれば、自分の下卑た欲望のはけ口としか思っていない客も多い。けどそれは多分、「現代」でもそう変わらない。社会的に女性の地位が向上したとか、男女平等社会の確立だと声高に叫んだところで結局は「個人」の意識が問題で、「女性の扱い」もとい「人」としての接し方なんてその人の「人間性」次第である。中世時代の荒くれ者だろうが、現代の売れっ子芸人だろうが「ゲス」はゲス。そういう人はどこにいっても変わらない。

自分は「愛されている」だろうから黙って言うことを聞くと思っている。

Yahoo!コメントより

しれっと復帰しても「大丈夫」だろうという下心が透けて見える。

Yahoo!コメントより
「JKハル」では千葉セイジという同級生が登場する。ハルにとって不条理で過酷なこの物語も彼目線で語れば立派な「サクセスストーリー」になるのだろう。しかし、ハルの目線でみる彼は同性の私から見ても痛々しい思い上がりの勘違い野郎である。そして、あぁ自分もあんな感じで女性に接していたことがある…と我が身を振りかえり、恥ずかしくなる。私たち「男性」は「女性」からどう見られているのかもっと意識したほうがいい。◯部建の言動が「想像力の欠如」と言われるように私たちも日常のふとした言動の「当たり前」を疑ったほうがいい。
すれ違いネタ?グルメ王?佐々木○の夫?手に入れた「」や「地位」がいかに凄かろうとそれはあなた自身の評価とは関係ないのだ。勘違いしてはいけない。─あぁ、思い出すだに20代の頃の自分を叩いてやりたい。当時アプローチしていた女性に、自分だけ盛り上がって朝昼晩とメールを送り続けていた自分を。ハル風に言うと、「ほんと、キモい」だ。
実るほどこうべを垂れる稲穂かな」の逆張りを突き進んだ結果、渡部なにがしは誰も助けてくれない、同じ業界人からのフォローのコメントもないあの記者会見に至った。自業自得ってこう言う事例を言うのだろうな…しみじみと思う。
「さぁ、このゲス男をどう責め立ててやろうか」と目をギラギラさせている女性陣とがんばって泣こうとしているアラフィフ。なんだかコントみたいな絵面だがガチである。世の女性を敵に回すことほど愚かしいことは無い‥。

2:「プロ」としての最大のしくじり

 

 

現代の魔女狩りとして歴史に残るでしょう

Yahoo!オーサー(有識者・専門家)コメントより

水に落ちた犬を叩いているようなもの。いじめと変わらない。

Yahoo!ニュースより
こちらは行き過ぎた記者会見の様子に苦言を呈したもの。一旦はこの「もうやめてやれよ」の空気になるかと思いきや…しかし、支持を集める(いいね!ボタンの多さ)一般人のコメントはこう返している。

質問にまともに答えないのであればあの状況になるのは予想できていたはず。「イジメられている自分」を見せるのも狙いの一つ。

Yahoo!コメントより

同情票を集めようとしている。お茶を濁してしてこの場を乗り切ろうとしか考えていない。政治家みたい。

Yahoo!コメントより
すごいな、と感心する。少し前のテレビの「コメンテーター」やいわゆる「有識者」の声が大きかった世界は終わり、テレビの向こう側の「一般人たち」の声がこんなにも「本質」を捉え、支持される時代になった。SNSでリアルタイムに一般人がコメントでき、それの可視化が当たり前の世界。すごい時代になった…。さらに、他の行き過ぎたコメントや下卑た笑いを取ろうとする現場のリポーター、彼を起用しようとしたテレビ関係者の不手際など諌めるべきところはきちんと諌める(いさめる)流れをコメント内で作り上げているのには驚いた。単なる野次馬や正義を振りかざした民衆ではなく、世の中の物事を見極めようとする「バランサー」としての役割を果たしている。今回の渡◯建関連の記事で多くの支持を集めるコメントは「感情論」に流されないバランス感覚に優れたものが多かった

芸人なら「笑い」の一つでも取りに行くべきだった

Yahoo!コメントより

準備不足。記者会見は勝負の場。プロとしての腕がない。

Yahoo!コメントより
過去の先輩芸人の「失敗例」や不倫俳優たちの「成功例」を知っているはずなのにあの体たらくなのだから、やはりというか「世間」「一般大衆」をなめているのがわかる。身につけたファッション心理学も見透かされ、化けの皮を剥がされて、馬脚を現した「芸人」が芸で勝負しないでどうしようというのだろうか?と、多くの人がプロとしてのあり方を◯部建に問うていた。
なるほど、たしかに、だ。渡◯建の記者会見の最大のしくじりはプロの芸人として「笑い」を起こせなかったことかもしれない。「笑い」でなくても得意の「すれ違いコント」の様相を反省の中に演じて見せればまた違った評価になったのかも…というコメントもあった。そのさじ加減、「バランス」が難しいと思うが、時間はあったのだから準備してできないことはなかったはずだ。
「JKハル」では突然訪れた権力者の息子がお店で横暴を働くのだが、ハルは「娼婦」としてプロの意地を見せる。プロの娼婦を演じて見せるいわく、男はこういう風に振る舞えば満足するのだという演技。心を殺して、苦痛に耐え、「プロ」に徹する。
渡部なにがしには「JKハルは異世界で娼婦になった」(2020年12月既刊3巻)を読んでその「思い上がりの勘違い」と「女性と世の中を舐めた態度」をあらため、「プロの芸人」としての矜持を思い出してほしい。自分がどう見られているか…傲慢な勘違い野郎千葉首絞めプレイの男尊女卑おっさん、権力をかさにきたギルドのドラ息子と変わらないですよ、あなた。気づいてますか?

3:「私たち」が学ぶことは

今回の渡部なにがしの謝罪会見の件。その「行為」そのものよりもそれをごまかそうとする「人間性」の方を叩いていた印象だった。恥をかかずにうまくやり過ごそうとする心理。私だって持っているその浅ましい心根を「世間」様は見抜いているんだと肝に命じた。お前の「下心」は全て見透かされているんだとYahoo!コメントは雄弁に語っている。

さらに、今回浮き彫りになった彼の「人望」の無さ。先輩芸人の辛辣なコメントからも普段の行いが「そういうものだった」と証拠づけている。いわく、「」をみて対応を変える。下に見ている人にはとことん冷たい。鼻をほじりながら話を聞き、仕事の打ち合わせも上の空、など出るわ出るわ。しまいには「秘密」を共有しているはずの関係を持った女性が週刊誌に「情報」を赤裸々に売りさばいている。ここまで手のひらを返される人間も滅多にいない。「自業自得」の見本市みたいな人間だ。

ほんと、忙しくてもイライラしていても、普段の行いは「思いやり」を持って当たろうと思う。ハルだって一緒にお茶した仲の「友達」を売ったりしなかった。たとえ自分が矢面に立ってひどい目にあっても「友達」は守る。そう思われるような人間関係を築きたい。

 

 

そして忘れてならないのが「プロ」としての振る舞いだ。泣いたりわめいたり、すねたり逆ギレしたり、「感情」に流されて行動するのは素人だ。今、ここで、「仕事」をする。それが私たち「社会人」としての対応であり責任だ。愚痴なら帰って言えばいい。ここはどこなのか?今一度、己に問い直せ。勝負すべき場所で「不誠実」な対応をすることほど悪手はない。ハルの「娼婦」としてのプロ根性を見習いたい。

 

そうやって、小山ハルは「東京の女子高生」から「異世界の娼婦」になりつつある自分を、客観視する。試行錯誤してなんとかこの世界に順応しようと頑張っている。迎合ではなく、「順応」。キラキラした毎日が送りたい、そんな目的を胸に抱きながら今日もハルは明るく振る舞い稼いでいる。そこには「気づき」がある。壁にぶち当たり、自分のままでいられない時、ひとは自分自身で気づく」ことができるかできないかで人生が大きく変わる。甘い目論見が外れ、ことごとく裏目に出てフルボッコにされた「渡部◯」さん。果たして彼は気づくことができるのだろうか?

 

 

思い上がりと勘違い」「女性と世の中を舐めた態度」「プロとしての矜持」。私も肝に命じたい。異世界で成長しつつある彼女に愛想尽かされないような「」として振る舞いたい。合掌。

 

~BGM「両成敗でいいじゃないbyゲスの極み乙女

おすすめの記事