最近笑っていますか?笑うと免疫機能がアップして病気にかかりにくいとラジオで言ってました。じゃあ、おもしろ動画をみて笑おうと思ったあなた、ちょっと待って。寝る前に、動画を見るとブルーライトが脳を覚醒させて眠りが浅くなるとも言っていた‥じゃあ、どうすんの?そうだ、「漫画」を読もう!

ということで、前振りが長くなったが、今回紹介するのは大人が読んでも吹き出してしまう「大人向けのギャグ漫画」!本人達はいたって真面目、真剣、シリアスなんだけどハタから見ていると笑ってしまう。そんなドラマ・アニメ化もされた3作品を紹介したい。別名、「シリアスの皮を被ったギャグ漫画たち」

1:「極主夫道」(ごくしゅふどう)

掲載誌 月刊コミック@バンチ
作者・前作品 おおのこうすけ・初単行本デビュー
期間・完結 2018年2月〜既刊5巻(2020年11月9日最新6巻発売予定
メディア化 2020年10月から玉木宏・川口春奈・志尊 淳でテレビドラマ化
受賞歴 2019年全国書店員が選んだおすすめコミック第2位
第32回アイズナー賞 最優秀ユーモア賞漫画界のアカデミー賞)

1行あらすじ:
妻はキャリアウーマン、夫は元極道の専業主夫。Vシネの世界からカリスマ主夫へ!

ここがポイント:
夫の龍(タツ)は元・極道。その見た目・佇まい・言語感覚・全てが「裏社会の住人」。しかし、本人だけはわかっていない。妻の美久(ミク)は「キャリアウーマン」。大雑把で子供っぽい。龍のズレた言動を受け入れつつ、緩急織り交ぜたツッコミも忘れない。

こんな感じ:
人を見た目で判断してはいけない。小さい頃に教わった大事なこと
だけど、これは無理でしょ。なぜ、その服をチョイスした。なぜ、そのカバンに入れて行く?どう見ても「ブツの取引」にしか見えない─ママチャリだけが間違い探しみたいになっている。

 

 

「さあ、何して遊ぼうか?」
このハートウォーミングなセリフも龍にかかれば凶悪な脅し文句に。お子さんも帰ろうとしている。一応クッキー焼いたり一緒にゲームをしたりして、あれ、ちゃんと子供の面倒みれている…と思いきや。

 

 

どこでどう出会ったのか…。嫁のミクはどうやら一般人。
全てが極道風味、どこを切り取ってもヤクザ臭がするタツと一般人ミクの組み合わせ。2人のやりとりはスゴく可笑しい。本人達は真面目なんだけど2人でいるときの会話と動きが「テンポの良い漫才」になっている掛け合いが楽しいマンガだ!

 

 

特に好きなのはミクの心の中の「静かなツッコミ」とケジメをつけようとする龍への「ラリアット」と言う名の物理的ツッコミ。あのキレは、半端なかった─。それはぜひ、マンガを読んで確かめてほしい。

元・極道が〇〇やってみたと言う企画系動画があっても現実にここまでおもしろくはならないだろう。マンガにおける表現、コマ割、間の取り方がキャラクター達のシリアスさと合わさって吹き出すような「笑い」を加速させている。

 

1話完結
絵がキレイ
ハートフルコメディ
キャラクターの切れ味

 

心、温まらない。けれど元極道のキレッキレの「主夫」ぶりに
そうじゃないっ!!」と突っ込んでしまう。

 

2:「ヒナまつり」

掲載誌 Fellows!→ハルタ
作者・前作品 大武政夫(おおたけ まさお)初単行本デビュー
期間・完結 2010年6月〜2020年7月(全19巻)
メディア化 2018年4月からアニメ化
発売日 タイトルに合わせて3巻・6巻・8巻・10巻・12巻は「3月3日」に発売されていた

1行あらすじ:
ヤクザの元に非常識なサイキック少女が転がり込んできた「コレ…おれが面倒見るの?」

ここがポイント:
ヤクザの新田(にった)は面倒見のいい常識人。それが災いしてトラブルに巻き込まれる。超能力少女のヒナは基本何も考えてない。それを心配して周りが世話を焼いてくれる。

こんな感じ:
未知との遭遇・ファーストコンタクト。これがヒナと新田の出会い。のちのヒナが原因のトラブル被害者その第一人者になることをこの時、新田 義史(にった よしふみ)は、まだ知らない─。

 

 

ヒナの学校の同級生「三嶋 瞳(みしま ひとみ)」ヒナの組織関係者 サイキック少女「アンズ」この2人ものちに凄いことになる。10代なのに人生は波乱万丈!

 

 

「シュールな笑い」と言われるヒナまつり。新田さんの「ヤクザなのに常識人」としての立ち位置があってこその笑い。ここにもシリアス、本人はいたって真面目で真剣なんだけど〜の法則が当てはまる。

基本的にドタバタコメディでいろいろトラブルはあるけど結果オーライな話が続く。そこに差し込まれる「ハートウォーミング」な話が不意をつくから困る。お涙頂戴が嫌いな私の目頭を、思わず熱くさせてくれる。ちくしょう、いい話じゃないか!

2巻以降に出てくる「アンズ」の話にはなぜか毎回やられてしまう。そして「三嶋 瞳」、おまえは一体どこへ向かうのだ?
彼女達の活躍?をぜひマンガを読んで確かめてほしい

 

1話完結
絵がキレイ
常識・良識
ハートウォーミング

 

ヤクザが一番の常識人。一見普通に見えるキャラ達の「良識」は
どこかその辺に落としてきたらしい……。がんばれ、新田さん!

 

3:「坂本ですが?」

 

─ただいま準備中─

まとめ─真面目にやっているのに…。

 

─ただいま準備中─

おすすめの記事